リアルなセカンドラブがしたい30~40代が自然な形で出会える無料の不倫サイトの紹介!本当に不倫ができるサイトのみを厳選して掲載しています!

前へ

次へ

30~40代の人妻がセカンドラブを求めています

リアルなセカンドラブがしたい30~40代が自然な形で出会える無料の不倫サイト!画像1
昔からの日本の文化の影響なのか、女性とはこうあるべきだ、という先入観がどうにも強すぎるのではないかと思います。女性だって人間です。

当然、食欲も睡眠欲も性欲もあるのが当然のものなのですが、女性がそういった人間としての生々しい欲を出す事を嫌う傾向にあるように感じます。

例えば、女性が男性のようにガツガツと食事をしていると「女なのに・・・」という目で見られますよね。これは性欲にも同じ事が言えます。

男性に性欲があるのは当然だ、と思って貰えるのに対し、女性にはなぜ性欲がないものだと見られてしまうのでしょうか。これは独身女性の普段からの振る舞いに影響されている事もあるかもしれません。

というのも、女性は若く独身である内は、ほとんどの女性がたくさんの男性に言い寄られた経験があります。

その為、欲求不満の為、自分から誰かに積極的にアタックしていこう、という事をしませんし、する必要がないのです。だから男性も、女性には男性程の性欲がない、と考えてしまうのかもしれません。

ですがそれも、独身である内だけ。結婚してしまうとそうもいきませんし、子供ができるとなおさら男性に誘われるなんて事はないでしょう。ですが、先ほども記載した通り、人妻だって人間です。

性欲がありますし、むしろ女性の性欲は30代~40代にかけてピークを迎えます。当然、性欲は溜まる一方ですから、欲求不満にもなります。

だからセカンドラブに興味のある人妻は、お金を使って男性を買う事で、日常生活を壊さずに溜まった性欲をセカンドラブで解消するのです。だからこそ、最近になってセカンドラブがこんなにも人気が出てきたのかもしれませんね。

人妻は恋がしたくてセカンドラブに走ってしまう

皆さんには何回観ても感動する映画がありますか?私は黒木瞳と岡田准一が出演している「東京タワー」が好きで、何度観ても涙が出てしまいます。

自分でも、ここまで感動する映画はなかったので、なぜこんなに涙が出てしまうのかと思うくらいなのですが、回を重ねるごとに感動し、主人公の気持ちに感情移入してしまって涙が出てしまうのです。

リアルなセカンドラブがしたい30~40代が自然な形で出会える無料の不倫サイト!画像2

この映画を観ると、「人妻もセカンドラブをしてもいいんだ」という気持ちになり、気持ちが癒されるのです。私は何年か前まで、ある若い男性とセカンドラブをしていました。当時私は40歳、彼は23歳でした。

遊び半分ではなく、本当に彼のことが好きでした。けれど、彼とはある仕方のない理由で別れてしまいました。彼の家族が借金をつくってしまい、お別れを言えないままに別れてしまうことになったのです。

今では、あの頃をなつかしく思うだけで、家で映画を観るくらいしか楽しみがなくなってしまい、毎日死後に、家事に追われ、主人と過ごすだけの日々を送っています。

今でも、セカンドラブをしたいと思うことがあるのですが、今は映画の中で主人公に感情を重ねるだけでいいのです。

まだ彼のことを想う時がありますが、私の立場上、誰かに相談する事もできないですし、これかれもその気持ちは胸にしまっておかなければならないのです。

さまざまな事情でセカンドラブをする女性がいます

私はこの女とどうしてもセカンドラブがしたかった。それはアイスクリームを販売している家の嫁がどんな舐め方でフェラをするのか、非常に気になったからだ。

リアルなセカンドラブがしたい30~40代が自然な形で出会える無料の不倫サイト!画像3
私は一種の詐欺というか、脅しでここの旦那を落としいれ、会社を倒産させてしまった。要するに「美人局」と言う奴だ。会社の信用は無くなりやむなく旦那さんは出稼ぎへ。

住宅ローンやその他の借金が残るこの家では若奥さんが必死に金作に駈けずり周っていた。そんな時に私が「会社が建て直せる程度のお金をご用立てましょうか?」と申し出たのだ。

奥さんは金利や返済方法などで私と話し込んでいたが私が単刀直入に「実は奥さんとやりたいんですよ。金利とか返済とかは、都合の良い時でいいから」と伝えた。

奥さんは一瞬こちらをにらみ付けたが、それを見た私は「いや、変な事言ってすいませんでした。この話は無かった事にしましょう。」と伝えた。

すると・・・この奥さんは「セカンドラブは一度だけで良いんですか?そして絶対に誰にも言わないでくれますか?」と乗り気になってきた。私は「お金は返してもらいますよ。

銀行とか金融屋さんではもう無理でしょ?だから、利息も法定金利でいいのできちんと返してください。」と伝えた。奥さんはセカンドラブに同意した。私が座るソファーの目前で一枚ずつ服を脱いでいく。

上着...ブラウス...グレーのスカート...そして、一瞬ためらいながら黒い網タイツとピンク色の上品そうなパンツを一緒に脱いで、横に「ポンッ」と落とした。

ブラウスのボタンを外し始めたのだが、恥ずかしいのか、それとも屈辱で手が震えているのか、中々ボタンが外せない。「もうそのままでいいよ」と私が彼女をこちらに引き寄せ私の前にひざまつかせた。

「ファスナーを下げて....そうそう...そしたら中から引っ張り出して...解かるよな?」彼女は言われるままに私のモノを口に含みはじめた。

(アイス屋の女はどういうしゃぶり方するんだろう・・・)奥さんは私のチンポを横舐めしはじめた。

(おぉ、横舐めかぁ)その後、アイスを舐めるように裏側をベロンベロンと何回も舐めて、先っぽをくわえ、私のぶっといアイスを手に持ちぐるぐると回し舐めし始めた。

(おおぉっ・・・)あまりの気持ちのよさに私はその奥さんの口内へ溶けたアイス液を「びゅっ!びゅっ!びゅっ!」と出してしまった。

奥さんは溶けたアイスが唇に付いた時のように舌でその液体をベロン・・・と舐め取った。